スマホ決済

【7pay】セブンペイとは?アプリの使い方・加盟店・手数料は?

更新日:

セブンペイの画面

セブンイレブンや大手スーパーのイトーヨーカドーのセブン&アイホールディングスもスマホ決済サービスに参入するようです。

7payのアプリ配信時期は2019年10月だそうです。

その前の2019年7月からセブンアプリ内で利用の申込みができるようになるみたいですね。

今回はセブン&アイホールディングスが始める「7pay(セブンペイ)」についてまとめました。

セブンペイとは?

セブンペイとはセブン&アイホールディングスが作ったスマートフォンをツールとした新たな決済サービスになります。

アイフォンやアンドロイドの両方のスマートフォンで使えるようになる予定です。

nanacoカードはアイフォンのアップルペイには対応しておらず、アンドロイドやガラケーのみの対応でした。

そのため、セブンペイの登場により、アイフォンやおサイフケータイ非搭載のアンドロイドでも使えるようになるでしょうから、利用者の拡大が期待できそうですね。

セブンペイの概要

サービス名称 7pay(セブンペイ)
利用開始時期 2019年10月予定
利用登録開始時期 2019年7月からセブンアプリ内から受付スタート
サービス特長 スマートフォンをツールとしたバーコード決済サービス
運営会社 株式会社セブン・ペイ
チャージ方法 店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカード
ポイント還元 200円(税抜)につき1nanacoポイント(還元率0.5%)
その他特典 グループのマイルも貯まる
バッジ

セブンペイの画面

セブンペイの画面

セブンペイの画面は上記の画像のようになるようです。

バーコード決済とQRコード決済と両方を兼ね備えているようです。

店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードからチャージできるみたいです。

セブンペイのロゴ

マミー
オムニ7と似たような雰囲気のロゴですね。

セブンペイの加盟店・使えるお店は?

セブンペイの加盟店や使えるお店は、まだ正式には発表されていません。

しかしセブン&アイホールディングスの関連会社ですから、セブン&アイホールディングスの関連企業のお店では使えるようになるのではないかと予想できますね。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • そごう
  • 西武百貨店
  • オムニ7
  • デニーズ
  • 赤ちゃん本舗
  • ロフト
  • Francfranc
  • タワーレコード

セブンペイの手数料は?

他のスマホ決済では手数料が取られていないので、セブンペイの手数料も無料だと予想できます。

手数料取られたら利用する人は少なくなりそうですから、当然無料で利用できるはずです!!

セブンペイの運営会社は?

セブンペイの運営会社は株式会社セブン・ペイと言い、株式会社セブン・フィナンシャルサービスと株式会社セブン銀行が共同で立ち上げた会社が運営を行うようです。

セブンペイ用に会社を立ち上げたみたいですね。

名称 株式会社セブン・ペイ (英名:Seven Pay Co., Ltd.)
所在地 東京都千代田区二番町4番地5
代表者の役職・氏名 代表取締役社長 小林 強(こばやしつよし)
(株式会社セブン・フィナンシャルサービス取締役専務執行役員兼務)
事業内容 スマートフォンをツールとした決済サービス等
(サービス開始は必要な関係当局との手続き完了後となります)
資本金 5,000百万円
設立年月日 2018年6月14日
株主及び持株比率 株式会社セブン&アイ・ホールディングス(出資比率40%)
株式会社セブン・フィナンシャルサービス(出資比率30%)
株式会社セブン銀行(出資比率30%)

セブンペイはいつから使えるようになる?

2019年10月からセブンペイが使えるようになるみたいです。

その前の2019年7月からセブンアプリ内で利用申込ができるようになるようです。

最短2タップの画面遷移で登録ができるみたいなので、セブンペイの登録は簡単にできそうです。

セブンペイのアプリの使い方

セブンペイの画面

セブンペイの画面は上記の画像のようになるようです。

バーコード決済とQRコード決済と両方を兼ね備えていますね。

セブンペイでnanacoポイントがもらえる?

セブンペイで税別200円の購入で1nanacoポイントが付与される予定です。

ほかのスマホ決済と同じで、還元率は0.5%になっています。

アプリに紐付したnanacoポイントやバッジ、グループの特典プログラムであるマイルも継続して貯まるようになるようです。

店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードからチャージできるので、クレジットカードを利用すれば、クレジットカードとの連携でポイントの2重取りができそうですね。

スマホ決済におすすめのクレジットカード

  • 楽天カード :ポイント還元率1%、 楽天市場 でのポイント還元率は3%となり、楽天SPUもアップするので楽天ポイントがザクザク貯まるクレカ
  • Yahoo! JAPANカード :ポイント還元率1%、Tポイント貯めている人におすすめ。 ヤフーショッピング の利用では3%の還元率となる
  • エポスカード :ポイント還元率は0.5%と低いが、カード優待が充実していたり、自動付帯で海外旅行保険がついてくるのでサービスが充実している
  • リクルートカード :ポイント還元率1.2%と最高クラスの還元率!!電子マネーへのチャージでもポイントがもらえる

セブンペイのコード払いのデメリット

セブンペイはコード支払いやQRコード決済になります。

コード支払いやQRコード決済って面倒なんですよね。

クレジットカードや電子マネーなどでしたら、カードを取り出して差し込んだり、ピッとすれば支払いが完了します。

それらと比べるとコード支払いやQRコード決済は

  1. スマホを出す
  2. アプリを立ち上げる
  3. コードを表示、もしくはQRコード読み込み画面へ行く
  4. 読込して支払い完了

と、かなりのステップを踏まないと支払いが完了しません。

この面倒くささがデメリットですし、普及させるための壁になるのではないかと思いますね。

慣れていないと、かなりモタモタしちゃうんですよね〜

支払いをすばやく簡単にしたい!という方はクレジットカードやスイカの方がいいのかな〜?と思います。

還元率も高くておすすめのクレジットカードをまとめておきましたので、よかったら参考にしてみてくださいね。

おすすめのクレジットカード

  • 楽天カード :ポイント還元率1%、 楽天市場 でのポイント還元率は3%となり、楽天SPUもアップするので楽天ポイントがザクザク貯まるクレカ
  • リクルートカード :ポイント還元率1.2%と最高クラスの還元率!!電子マネーへのチャージでもポイントがもらえる
  • Yahoo! JAPANカード :ポイント還元率1%、Tポイント貯めている人におすすめ。 ヤフーショッピング の利用では3%の還元率となる
  • エポスカード :ポイント還元率は0.5%と低いが、カード優待が充実していたり、自動付帯で海外旅行保険がついてくるのでサービスが充実している

クレジットカードでも還元率を高める方法があり、それはプリペイドカードのkyashとクレジットカードを使うことです。

kyashを利用すると2%の還元が受けられ、クレジットカードを紐付けることでクレジットカードのポイント還元も適用されますので、還元の2重取りが可能となります。

クレジットカードの還元率が1%の場合

クレジットカードのポイント還元1%+kyashの還元2% = 3%の還元率になる!

詳しくは「【簡単に2%の節約】Kyashとは?キャッシュのメリット・デメリットなど徹底解説」で解説していますのでよかったら見てみてくださいね。

kyash・キャッシュ
【簡単に2%の節約】Kyashとは?キャッシュのメリット・デメリットなど徹底解説

Kyashって何?Kyashを使うと2%還元されると聞いたけどどういうこと?Kyashについてやメリット・デメリットや評判について詳しく教えてください。 こういった疑問に答えます。 Kyashとはウォ ...

続きを見る

まとめ

セブンイレブンや大手スーパーのイトーヨーカドーのセブン&アイホールディングスもスマホ決済サービスに参入するようです。

2019年10月から利用開始できるみたいなので、待ち遠しいですね。

セブンペイ、nanaco、クレジットカードなどの連携により、よりお得に決済ができるようになることを期待したいですね!

合わせて読みたい

-スマホ決済

Copyright© 節約ブログ「らくちん節約」 , 2019 All Rights Reserved.